佐賀のおいしい食を守る さがけん畜産広場

 

インフォメーション

一般消費者向け

畜産経営支援

家畜の衛生対策

畜産物価対策

畜産関係団体向け

トップページ

 

佐賀県畜産の概要

畜産情勢

畜産の歴史

 

佐賀県における畜産の歴史

インフォメーション


佐賀県における畜産の歴史はPDFデータです。
項目またはアイコンをクリックしてご覧ください。

佐賀県における畜産の歴史

PDF

36KB

 

Adobe PDF logo

PDFデータをご覧になるには、Acrobat Reader(アクロバットリーダー)が必要です。
Acrobat Reader
をお持ちでない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。
AdobeAcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。
Acrobat Reader
をダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては佐賀県畜産協会及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。

 

畜産は、人類の誕生とともに始まった。
牛の歴史
 野生牛すなわち原牛を飼い馴らしたものであり、牛の飼養の歴史は古く、文明の早くから開けたメソポタミアやエジプトでは、紀元前8,000年頃には牛の飼養が行われていたといわれている。また、乳利用の歴史も古く、牛飼養と同時期に乳や乳製品を利用していたことが知られている。
 日本では、縄文後期から弥生文化期と考えられ、ユーラシア大陸から朝鮮半島を経てもたらされたものと見られる。

豚の歴史
 豚は野生のいのししから家畜化されたものである。紀元前6,000年頃の西南アジアの農耕遺跡に豚の遺骨が多く出土するところから、それ以前あるいは同時期に豚の家畜化が始まったと考えられる。
 日本では、弥生期・古墳期にはいってかなり普及したことは「猪養部」と称する専業者集団があったことからも明らかである。


鶏の歴史
 鶏は、東南アジアに野生している赤色野鶏を家畜化したもので、紀元前3,000年頃インド、ビルマ、マレー地方を起源にしたものと考えられる。
 日本の養鶏は、埴輪や日本神話に鶏がとりいれられていることから、遅くとも45世紀以前、弥生時代の前期頃に中国から朝鮮を経て伝えられたものが我が国在来鶏の主流をなしていると考えられる。

馬の歴史
 日本で縄文時代以降に属する古代の馬の遺骨や歯は、北海道から沖縄にかけて貝塚その他から発見されている。これらのことから、縄文時代以前から日本に野生馬がいて、狩猟の対象とされていたと考えられている。馬の歯や骨を出土する遺跡の大部分から縄文式土器が出てくることは、これを証明している。おそらく日本本土がアジア大陸と陸続きであった時代に、イヌやオオカミと同じように大陸から渡ってきて、本土が大陸と離れてしまった後でも野生馬として残ったものであろう。
 しかし、日本の家畜化された馬がみな、これら野生馬の子孫であることかというと、そうではなく、後で大陸から輸入された家馬も相当数あって、これらは新しく渡来した民族に連れられてきたものである。
 日本の馬が確実に家畜化されていたのは、雄略天皇の時代(5世紀)であるとされる。そして馬の埴輪も日本の各地から187個も報告されているが、これらは馬具をつけている。
 いっぽう、馬が外国から輸入された記憶としては、応神天皇の時代(4世紀)に百済から良馬2頭が入ってきたとある。その後持統天皇の時代(686697)や、文武天皇の時代(697707)にも新羅から馬が贈られている。
 馬に関する行政についてみると天智天皇(在位661671)は軍馬育成を奨励し、天武天皇(673686)は騎兵の制を採用した。朱雀天皇(930946)の時代に競馬が始まり、有名な京都の賀茂の競馬は白河天皇(10721086)のときから始められた。鎌倉時代には馬に乗っての武技が発達した。室町時代以来、外国種の馬の導入があり、蒙古馬やアラビア馬が輸入されている。室町時代をへて戦国時代となり、馬は軍用として重要視されたが、鉄砲の伝来から騎馬戦はむしろ少なくなり、さらに江戸時代となって、馬産はあまり振るわなかった。
 明治維新後は西洋の大型馬の輸入が多くなり、日清、日露の戦争で日本の馬の体格が劣ることが明らかとなってから、政府は馬政第一次および第二次計画をたてて、在来馬を外国種との交配により雑種化を進め、体格の増大と体型の整備につとめた。その結果、短期間に世界に例をみないほど著しい馬の体格の増大をみたのである。
 しかし第二次世界大戦後、軍用としての馬は不用となって、農馬としての利用にかわったが、それも昭和30年前後から、農業機械化の進展に伴い、漸次牛に代替された。一部に肉用としての馬も考えられたが、現在では競争馬や一部に乗馬としての利用が一般的であって、農馬としての利用は北海道の一部にみられるていどにとどまっている。










牛の写真


豚の写真

 

 

Copyright(C) (公社)佐賀県畜産協会 All Rights Reserved.